本文へスキップ

リサイクルショップなどでのブランド買取について解説します。

ブランドバッグの買取

買取査定金額アップのコツ

ブランドバッグの買取 写真

少しでも査定額を上げるため、売る前には自分で簡単に掃除しましょう。 査定前にちょっと手入れをするだけでも印象が良くなります。 バッグの取っ手付け根部分やチャックの淵はホコリが溜りやすい箇所です。 バッグを長く使っているとこのホコリは黒ずみの原因になります。 ガムテープを使ったりはたきではたいたりしてホコリを落としましょう。 同じようにバッグの内側も忘れずに掃除します。 ナイロン、キャンバス生地のホコリは掃除機で吸い取るなどして除去しましょう。 普段のお手入れも、色落ちや変質しないか確認してぬるま湯で絞った柔らかい布 で軽く叩くように拭きます。 初めから防水スプレーを使っておくと汚れが付きにくくなります。 皮バッグの汚れは乾いたきれいな布でふき取るか、ブラッシングしてホコリを 払います。 革製品は水に弱いので乾いた布で拭くように注意しましょう。 汚れがひどくなかなかとれない場合は、市販の皮製品用クリーナーを使うと きれいになります。 防水スプレーをすると、つやが出て汚れの防止にもなるのでオススメです。 また香水やタバコの臭いは使っている自分ではなかなか気づきにくいものです。 風通しの良い場所に一日干して臭いを取って、防臭剤などを中に入れて保管 すると効果的でしょう。



人気のブランドバッグ

ブランドバッグで一番人気のあるのはエルメス(HERMES)でしょう。 多くの女性が一度は持ってみたいと思う常に不動の人気を持つバーキン、 フォーマルスタイルだけでなくカジュアルスタイルにも合わせやすいと 人気のあるケリーがエルメスを代表するバッグで、どこでも高価買取して もらえるでしょう。 ルイ・ヴィトン(LOUISVUITTON)も言わずと知れたブランドバッグの王道です。 実用的でおしゃれなデザインはいつの時代も多くの女性を虜にしています。 定番アイテムからコレクションアイテムまで、どんなアイテムでも多少の 使用感があっても、きっと高価買取してもらえるでしょう。 シャネル(CHANEL)もトラベルライン、スポーツライン、カンボンラインなどの カジュアルアイテムから、復刻トートやマトラッセなどのフォーマルな 定番アイテムまで多くの女性に支持されているブランドです。 飽きの来ないデザインが多く長く使用できるため、定番アイテムを中心に 買取されています。 イタリアを代表するバッグブランドのグッチ(GUCCI)も女性に人気です。 バンブーバッグやジャッキーバッグなどの個性的なデザインを世に 送り出してきたグッチはいつも時代も女性に愛されてきました。 GGキャンバスのバッグやグッチシマラインのバッグ、グッチを象徴する緑と赤の ライン、シェリーラインが入ったバッグなどが高価買取されるでしょう。



普段の取り扱い

色の濃いキャンバスバッグは特に色落ちしやすいので注意が必要です。 化学繊維のバッグのお手入れ方法は、水で薄めた洗剤を布に含んで全体を拭き、 その後乾拭きして仕上げに防水スプレーをかけましょう。 形を整えて干すことでバッグの型崩れ防止にもなります。 化学繊維のバッグはシミやホコリがつきにくく、そのかわり油汚れが 付着しやすいという特徴がありますので、その点に注意して使用しましょう。 エナメルのバッグは樹脂加工されており、他の素材と密着すると色移り することがあるので注意しましょう。 エナメルバッグのお手入れは、柔らかい布を湿らせてバッグの汚れを 叩くようにふき取ります。 専用クリーナーやつや出しクリームを使うことで、バッグのひび割れを 防ぐことも出来ます。 このような普段のお手入れ以外にも、高価買取してもらうための秘訣はあります。 バッグ本体以外の付属品も捨てずにとっておくようにすることです。 箱や保存袋、ギャランティーカードなど購入時の付属品はできるだけ取っておき、 査定してもらうときはバッグと一緒に持ち込みます。 これだけで査定価格が大きく上乗せされる場合がありますので、どうしても 保管場所がなくて処分するのでなければ、可能な限り捨てずに残しておきましょう。



バナースペース