本文へスキップ

リサイクルショップなどでのブランド買取について解説します。

ブランド時計の買取

人気のブランド時計

ブランド時計の買取 写真

高級ブランド時計の王道といえばロレックスでしょう。 機能性、デザイン性も高く長年愛用することができます。 スポーツモデルやデイトジャストなど、特に高価買取されています。 オメガを象徴するスピードマスターもアメリカ航空宇宙局の公式時計に 採用されたこともあり、耐久性の高さがウリで人気があります。 ビジネスシーンで活躍するモデルも多く多くの男性に支持されています。 女性に人気があるのはシャネルです。 シャネルの象徴的なプルミエールは長年多くの女性に愛され続けており、 スポーツモデルとして登場したJ12は男女問わず多くのファンがいます。 カルティエもエレガントでセクシーなデザインが特徴的な人気ブランドです。 サントス、パシャなど男女問わず人気のデザインが多く、幅広い年齢層から 支持されています。 ブルガリもベゼルに刻まれたBVLGARIのロゴが特徴的なモデル、 ブルガリブルガリが人気のブランドです。 飽きの来ないデザインが多く、幅広いシーンで活躍しています。 ブライトリングもナビタイマーやクロノマットに代表されるパイロットウォッチ の代名詞として人気です。 高い精度を誇るムーブメントは公認クロノメーターを取得しています。



時計の査定金額

買取店に時計を売る前に自分で簡単に掃除することで、印象が良くなり 査定額を上げることができます。 文字盤の汚れをとるにはティッシュや柔らかい乾いた布を使います。 細かい部分に詰まったゴミは爪楊枝などを使って取り除きましょう。 金属ブレスは中性洗剤を使用し、柔らかい歯ブラシで洗います。 プラスチックの風防は、細かい傷であればプラスチック用コンバウンドで磨くと きれいになります。 皮ベルトは水や汗は大敵ですので、もし濡れてしまった場合は吸水性の高い 柔らかい布で水分をしっかりふき取り、風通しの良い場所で乾かしましょう。 ブランド品といえど時計ですので、内部の機械が損傷して動作がおかしくなったり 目立つ傷があると査定金額のダウンにつながります。 修理して直るならよいですが、完全に壊れてしまっていると買取不可となる ケースもあります。 きれいなコンディションを保つことで査定金額がアップしますので、日頃の 扱いはなるべく丁寧に心がけると良いでしょう。 また購入時の箱や保存袋など本体以外の付属品もできるだけ取っておきましょう。 それだけで評価が大きく異なる場合があります。



ブランド買取店探し

ブランド時計に限らず、ブランド品を買い取って貰おうと専門業者のサイトを みてみると、買取実績を公開しているところと公開していないところがある ことに気付くでしょう。 自社の買取価格に自信を持っているのであれば買取価格は公開しますので、 優良店をみつけるにはここがポイントとなります。 とはいえ買取価格は流行や市場動向によって常に変動しますし、 長年営業してきた業者はそれだけ多くの商品を扱ってきたということですので、 全てのブランド品について買取価格を公開することは難しいでしょう。 ですが少なくとも主要なブランド品については買取価格を公開している 業者のほうが安心できます。 また金やプラチナを売る場合は、買取価格から各種手数料が差し引かれていたり、 買取価格の計算時に目減り分と称して減額しているようなところもあります。 買取価格が単純に単価×重量で計算されているのか、そこからなにかしらの 金額が引かれることになるのか確認する必要があります。 各種手数料以外にも、店頭買取でなく宅配買取を利用される場合には、 送料の負担をするのが自分になるのか業者になるのか、キャンセル時には どうなるのかも留意しましょう。 自分が負担するのであれば、買取価格も含めて本当にその業者を選ぶことが 有利になるのか見直した方がよいです。



バナースペース